フィットライフコーヒー

フィットライフコーヒーの成分|難消化性デキストリンって何?

更新日:

フィットライフコーヒーは食事中に飲むだけで食後の血糖値対策になります。

その理由は「難消化性デキストリン」という成分です!

この成分がどうして血糖値に良いのでしょか?詳しくお話します!

難消化性デキストリン(食物繊維)とは

難消化性デキストリンという成分は糖をゆっくり吸収し、血糖値を穏やかにします。そのため血糖値の急上昇に対して良いアプローチをするため血糖値対策になる。

またフィットライフコーヒーに使われている難消化性デキストリンはとうもろこしを原料としています。水に溶けやすく、体内で消化されにくいので長く血糖値をサポートします。

これは「特定健康食品(トクホ)の認可」されているお墨付き!

特定非営利活動法人「日本人間ドック検診協会」も推薦しています!

許可表示
本製品は食物繊維として、難消化性デキストリンを含んでおります。これは食事に含まれる糖の吸収をおだやかにするので、食後の血糖値の気になり始めた方に適しています。

フィットライフコーヒーはたった1杯に「6.7gの食物繊維」が含まれている。

と言ってもイメージしにくいと思うので外の食材と比べてましょう。

  • レタス・・約2個分
  • ナス・・・約3個分
  • トマト・・約4.2個分
  • 玄米・・・約4杯分
  • きゅうり・約6本分

難消化性デキストリンはこんな方にもおすすめ

お通じをスッキリサせたい方!
コッテリしたものをよく食べ、ぽっこりお腹が気になる方にもおすすめ!

フィットライフコーヒーにカフェインはある?

フィットライフコーヒーに「カフェイン」は含まれているのか?

フィットライフコーヒーはコーヒー風ではなく「本物のコーヒー粉末」を使用しています。なので当然カフェイン成分は含まれています。なので妊娠中・授乳中の方、元々コーヒーが苦手の方は飲むのを控えるか、医師に相談してからお召し上がり下さい。

ただ普段何気なく飲んでいるコーヒーを置き換えるだけで血糖値対策になるのは嬉しくありませんか?普段からコーヒーを飲んでいる人にこそオススメ!習慣を変える必要なし!

カフェインについて公式にお問い合わせしてみた結果!

カフェインについてお問い合わせした結果

以下の回答を頂きました。

Q.成分の中にカフェインは含まれていますか?
A.含まれています。1包に約55mg入っております。

普通のコーヒーは1杯100mg程度のカフェインなので少し少ないということが分かりますね。ただゼロじゃないので、妊婦さんが飲む場合は医師に相談してからご使用下さい。

ただカフェインは少し程度ならOKという説もある。

コーヒーには元々2型糖尿病のリスクを減らす!

コーヒーって実は2型糖尿病に対して良い研究結果があるって知ってましたか?

研究によると1日3~4杯飲む人は飲まない人に比べて女性で29%・男性で27%の人が糖尿病のリスクが低下することがわかりました。更に1日10杯以上飲んだ人は女性で79%・男性で55%の人が低下しているというデータがある。

なので元々コーヒーは飲むだけでも、糖尿病に対してアプローチします。

フィットライフコーヒーをお得に始めるなら定期で!

フィットライフコーヒーは93%の人が美味しい・ふつうと回答し、累計1億杯以上売れている15年以上のロングセラー商品です!

始めてみたいと思っている人は定期コースをオススメします。

今ならネットから定期に申し込むとお値段が半額の税込3,132円 送料無料で始められます!更に特典として京の彩りマグカップをプレゼント!200mlと1杯にちょうど良い。

2ヶ月分でこのお値段なので1ヶ月あたり税込1,566円です!

また定期に縛りはなく、1回目から解約可能。お電話1本で「いつでもお休み・変更」できますし、満足頂けない場合は商品到着3週間以内であれば、商品をご使用いただいても「返品・交換・返金」に応じます。

普段のコーヒーをフィットライフコーヒーに変えて血糖値対策しませんか?

消費者庁よりトクホとして認可され
特定非営利活動法人 日本人間ドック検診協会推薦の血糖値対策コーヒーですよ!!

トクホの珈琲(コーヒー)で食後の血糖値対策はじめよう

-フィットライフコーヒー

Copyright© フィットライフコーヒーは不味い?買って後悔した口コミは多かった!? , 2019 All Rights Reserved.